読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

米騒動研究ブログ

米騒動について、複数の書き手によるブログです。これまでの研究を紹介したり、ネット記事にコメントしたりとのんびりやっていきます。

米騒動についてのネット情報の現状 関西の図書館虫

discourさんいいブログを立ち上げてくれましたね。私は祖父が米屋だったので、米騒動のことを色々聞かされておりましたから、定年後はもっぱら図書館通いでその関係を読んで来たものです。ただ世代の関係でパソコンが苦手だったんですが、最近息子に少し手ほどきを受けてやり出したら、お会いできたわけです。(関西の図書館虫)

 

1).まず「米騒動ウイキペディア」を見た感想から始めましょう。

 a).出て来たのは意外に、余りにもあっけらかんと古典的なものでした。例えば参考文献として上げられている米騒動の専門書は井上・渡部『米騒動の研究』だけです(大正デモクラシーの通史ものは挙げられていますが)。したがって内容は全く古く1960年以後の進歩が全く入っておりません。つまり半世紀も古いのです。どうしてこれほど古典的!なのか。

 冷害の1993年の一時的不足などが一緒に書かれていることで判るように、現代の米の問題から出発し、米騒動という言葉が有名なので一応調べたから、ウイキペディアに出しておこう、ということなのでしょうか。米騒動自身に対する研究心は低く、井上・渡辺以後の専門的な論文・本が結構あるのを知らないんですね。

 b).それにもかかわらず文献欄に、大正デモクラシーの方は(通史ものですが)2000年代の新しい本を複数、挙げています。その大正デモクラシーの本で米騒動がちゃんと書かれていないからこうなったとも、思えます。知り合いの歴史研究者に聞いたら、賛成だとのことです。

 

 2).次にインターネットに「米騒動」とだけ入れて見ました。そしてわかったのは、次のようなことでした。

 a).米騒動90周年に際し、NHKテレビが扱った「その時歴史は動いた」での米騒動の回の内容についての紹介。例えば、 http://www.asyura.com/0610/senkyo27/msg/858.html    や、http://televiewer.nablog.net/blog/e/20161077.html など。ここには、番組で扱った最近の研究書などもリンクされたり、掲載されたりしています。これは例外的なことですが、テレビが紹介したからとも言えましょう。

 b).大阪・宮崎・福島など幾つかの地方の米騒動について少しありますが、多いのは富山県の人が書いたらしいものです。それがやはり研究の進歩を知らないで書いているらしいので、むかし聞いたお国自慢の種の蒸し返しとしか受けとれません。

 c).そして富山県の人といっても、殆ど一つの特定の町の人がその町についてだけ、学問的論証なしに書いているものです。これでは何度くりかえしても、私ら県外のものは勿論、富山県内の他の町の人にも、おさと自慢の情念しか伝わらないでしょう。米倉の保存でも他の町にもその類のものはないのか、果たして名誉なことだったのか勉強してから言わないと、客観的価値は判りません。

 

広い情報、史料を出しあって、冷静な意見交換をしながら、やって行きましょう。米騒動の全国状況や史実を広く紹介し合うことから始めましょう。